言語学2ch纏め

カテゴリ : ピジン クレオール

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2011/09/21(水) 21:04:32.97 0
persona→ギリシャ語で仮面が、人間は常に仮面を被っている事から英語でpersonになった。

4 :名無し象は鼻がウナギだ!:2011/09/22(木) 07:54:42.46 0
>>1
はしょりすぎだし、少し違う。元は古典ギリシア語 πρόσωπον (prósōpon)、
πρός (prós, ~と面して) + ὤψ (ṓps, 目)で、つまり「目を合わせ対面するもの>顔」を表していたが、
古代ギリシアでも仮面劇はさかんだったので「仮面、人格」等の意味は既に派生していた。
それがエトルリア語に入り phersu となり、更に古典ラテン語に入って persōna になった。

per (~を通して)+ sonus (音) + -a (女性接尾辞)で「仮面<声を通すもの」とする解釈もあるが、
(というか劇作家・山崎正和の文章で国語の教科書に載ってたりするがw)
見ての通り古典語では o の長短が違う別語なので、後付けの民間語源説だと判る。

>>3
love のそれはあくまで一番有名な民間語源説だよ。
昔から nothing 「何も~ない」のヴァリエイションの一つで
neither for love nor for money 「恋の為にも金の為にもならない」という言い回しがあった。
そっから love をしょっぴいてきただけ。
続きを読む

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/04/09(月) 21:33:29.15 0
言語接触や、ピジン言語とクレオール言語について語ろう。

2 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/04/09(月) 22:33:38.55 O
ピジンとクレオールは言語学以外の分野の人にも有名だけど
実態がよく知られないまま概念としてあまりにも都合よく濫用されすぎだと思う

言語接触の中で、ピジンやクレオールが発生し定着して残るのはかなり限られた条件のはず
日本語クレオール説なんて、比較言語学で証明できなくても
クレオールでなら何とでも言えるからという感じだ

続きを読む

このページのトップヘ