1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/04/09(月) 21:33:29.15 0
言語接触や、ピジン言語とクレオール言語について語ろう。

2 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/04/09(月) 22:33:38.55 O
ピジンとクレオールは言語学以外の分野の人にも有名だけど
実態がよく知られないまま概念としてあまりにも都合よく濫用されすぎだと思う

言語接触の中で、ピジンやクレオールが発生し定着して残るのはかなり限られた条件のはず
日本語クレオール説なんて、比較言語学で証明できなくても
クレオールでなら何とでも言えるからという感じだ

3 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/04/13(金) 18:13:10.10 0
4000人が暮らし、イランによる封鎖も懸念されているホルムズ海峡を見守り続けてきたオマーンの小さな漁村クムザール(Kumzar)。この村には、同地の住民しか理解-できない1000年の歴史を持つ独自の言語がある。(c)AFP


http://youtu.be/yHOTZHcU9ek

印欧語とアラビア語が混じった言語 クムザーリ

あるオランダの専門家は滞在一ヶ月で話せるようになった

4 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/04/14(土) 17:36:14.84 O
ピジンの発生からクレオール化までの最短記録はどのぐらいなんだろう
一世代として20年くらいか?

5 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/04/20(金) 03:11:04.83 0
植民地になってた地域・国では旧宗主国の言語を公用語にしてると聞きます。
そういうところでは一般人はやはりクレオール言語を話してるんでしょう。
よく話に昇るのがジャマイカのパトワとか。
これは英語系なのに、なぜかフランス語風名前。
アフリカでも有名なクレオール言語はあるんでしょうか?

6 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/04/29(日) 16:22:32.07 0
そんなにクレオール言語が話されてるところは多くないだろう。
アフリカの多くの国では在来の言語を話している人が多い。
もちろん宗主国の言語からの借用語は多かれ少なかれ入っているが。

7 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/05/17(木) 03:07:09.17 0
ウチナーヤマトグチはクレオールなのか言語シフトなのか

8 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/05/17(木) 07:24:12.80 O
ピジン化を全く経ていないし言語シフトだろ。
日本人が英語を話そうとしたときの、日本語訛りがある英語と同じ。

9 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/05/19(土) 06:56:29.03 0
まさに沖縄がピジン。
ウチナーグチと日本語を急に切り替えてしゃべることなんかザラ。

その例

Japanese-Okinawan Code-Switching
http://youtu.be/XknWtnnyGZw
A recording made by Dr. Mark Anderson and analyzed in his Ph.D dissertation on code-switching and Ryukyuan substratum Japanese (Uchinaa Yamatuguchi)

10 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/05/19(土) 07:22:55.28 O
ピジンの定義分かってる?
二言語併用や単なる言語混交とピジンは違うよ。

11 :名無し象は鼻がウナギだ!:2012/05/19(土) 23:06:13.25 0
うん ちゃうねやろな

powered by 勝つーる